ヨーロッパ美術

デジタル環境を活かしてヨーロッパ古代・中世+α美術探訪

中世の庭師のギルドの紋章

f:id:nekoatama:20171110101805j:plain

放送大学の科目『ヨーロッパの歴史Ⅱ―植物から見るヨーロッパの歴史―』の

第5回の講義に

中世イギリスの庭師のギルドの紋章が出てきた
興味深い

ヨーロッパの歴史〈1〉ヨーロッパ史の視点と方法 (放送大学教材)

ヨーロッパの歴史〈2〉植物からみるヨーロッパの歴史 (放送大学教材)

著者:草光俊雄 - Wikipedia

 

「職人たちが遍歴していた時代、パブ・居酒屋は彼らに就職の紹介をした」


庭師のギルドが最初に記録にあらわれるのは、
1345年ロンドン市の文書であるという(p68)

In the sweat of thy brows shalt thou eat the bread

King James Bible
Genesis 3:19 By the sweat of your brow you will eat your food until you return to the ground, since from it you were taken; for dust you are and to dust you will return."

3:19あなたは顔に汗してパンを食べ、ついに土に帰る、
あなたは土から取られたのだから。
あなたは、ちりだから、ちりに帰る

人類最初のガーデナー:アダム

 左のは、エデンの園を逐われて土を耕すアダムがデザインされている

その両脇にはコルヌコピアを抱えた二人の女神

右のも同様の意匠だが、

木は蛇の絡まる果樹が2本

 

徒弟:徒弟期間はおよそ7年と決められていた
庭師にとっての新しいチャレンジ・・16~17世紀におけるヨーロッパの非ヨーロッパ世界への進出に共に、新しい種類の植物をいかにしてヨーロッパで自生させるか