ヨーロッパ美術

デジタル環境を活かしてヨーロッパ古代・中世+α美術探訪

サン・ドニ大聖堂(20180622)

MEANDER メアンダー | 美術史・文化探訪 ワードプレスでつくったこういうものがあったのですが、よく使いこなせていません久しぶりにテーマを変えて、WEBサイトの更新記録にしようと思っています どうかな!? https://www.karakusamon.com/2014k/gothic-arc…

「風景画論」

ケネス・クラークの「風景画論」を図書で読んでいます 表紙が何故か 逸名画家のマリアの庭ですね →ケルン派画家「パラダイスの庭」とあったが・・ 風景画論 (美術名著選書) 作者: ケネスクラーク,佐々木英也 出版社/メーカー: 岩崎芸術社 発売日: 1998/05/01…

モンマルトルとモンソー公園(20180627)le 27 juin lundi

別れを告げるのは高いところからに限る? こちらモンマルトル サクレクール寺院の裏口*1 表はこっち 門前町というか、寺院前のお土産物屋さんはちょっと楽しかった! ちなみにこっちの階段を上がり ずっと上がり アールヌーボウが減益という地下鉄駅を出て …

オペラ座(20180626)le 26 juin lundi

オペラ座の上にある金ぴか物件は アレクサンドル3世橋のあれとおんなじなんですかね? 1900年のパリ万博に際して落成 ガルニエ宮(オペラ座は)1875年に完成した デパートに入ってみた 入るのに、セキュリティチェックがあり このあたりの光景(アールヌーボー建…

ブリューゲル一族

Landscape with the Parable of the Sower 1552年 パネル(木板)油彩 オランダ(ネーデルラント)と風景画ということで ブリューゲルとネーデルラント絵画の変革者たち (ToBi selection) 作者: 幸福輝 出版社/メーカー: 東京美術 発売日: 2017/04/15 メディア…

フェルメール&「風景画」

デルフトの眺望 フェルメール 1658 画布 油彩マウリッツハイス美術館 この絵は オックスフォード美術事典「風景画」に例として挙げられている絵画の4つのうちの3番目 他は レオナルド 風景 1474 ペン、ビスタ、水彩 ウフィツィ美術館蔵 開拓者 アルトドルフ…

異文明の社会や自然との出会い、驚異、好奇心

ヨーロッパのグローバル化にとっての転機 ヨーロッパが世界経済の中心として富を蓄え始めた時代 大航海時代 - Wikipedia 大航海時代(だいこうかいじだい)は、15世紀半ばから17世紀半ばまで続いた、ヨーロッパ人によるアフリカ・アジア・アメリカ大陸への大…

ギメとルーヴルはしご(20180625)le 25 juin lundi

パリの旅も残り少なくなり ちょっと欲を出してギメ東洋美術館と休館日前のルーヴルをはしご こういうせわしなさは久方ぶり(!?) このあたりは又帰ってから追記します~~~

シャンティイ城(20180624) le 24 juin dimanche

パリ北駅から国鉄でシャンティイ城に遠征(遠征というほどでもない??急行25分という感じ) 9時7分発予定通り発車♪ 10時 美しきシモネッタ嬢に会えました こちらのライオン、犬のように見えて笑ったが 犬の彫像も多くありました 白鳥を遠望しながら このベ…

パリの自由の女神とモローの神秘の花(20180623)

今日も国鉄スト そのためなのかパンテオンは今日も休みパンテオンも工事しているみたいだけど? 下のクリュニーのような情報が出ていない (グーグルマップでは「営業中」と出るのだった) クリュニーの方、閉館中と知らないで寄ったが 周りの公園が良かった…

リュクサンブール公園と辻邦生(20180622)

国鉄ストライキで シャンティイ城コンデ美術館の「美しきシモネッタ」を見に行くのをへ行くのをあきらめて 辻邦生の旧宅を見に行った そうでしたか,1980年から1999年まで・・・ 奥様の辻佐保子先生が ヴェルレーヌのプレートのとなり、と喜んだ(!?)んでした…

ルーブルでニンテンドー3DS(20180621) le 21 juin jeudi

Nintendo 3DSを持っている手は広告です 本日は5ユーロでオーディオガイドを借りてみた いるところのあたりが光るのでよいね(魔宮ルーブルの迷子対策) お目当てはグランドギャラリー じっくりマンテーニャなのだ 向かい側がダ・ヴィンチ様なので、日本人の…

ヴェルサイユ庭園(20180620)le 20 juin mercredi

早起きした朝の空が久しぶりに完ぺきに青かったので ちょっと郊外の(30分位南西)ヴェルサイユ庭園に行くことにした (この二日間は雨・曇りであった)しかし国鉄が30分遅れストで開門1時間待たされ、噴水も止まっていたのであるが・・まぁいいか そういえ…

パリ植物園 シテ島聖堂の周辺を歩く(20180619)

Koelreuteria paniculata 今日はシテ島を経て、パリ植物園へ 上は珍しいな、 Koelreuteria paniculata - Wikipedia 今が美しい時だなと思った木の花 特にあれもこれもが珍しいなと思ったわけではないのですが さすがに Aconitum lycoctonum — Wikipédia これ…

ルーヴルの裏庭

ルーヴル美術館シュリ―翼から見下ろしたセーヌ川寄りの庭 小花の咲き乱れるワイルドフラワーガーデンという趣 ちょっといいかも 18日は前日のリベンジで、ミロのビーナスと古代エジプトの文物と思ったのだが、 迷子になって、思った通りの鑑賞時間をとれなか…

朝のトロカデロ庭園(20180617)le 17 juin dimanche

朝のシャイヨー宮テラス(テラスの下がトロカデロ庭園) すごい噴水と、エッフェル塔の繊細な構造が見える景観美の庭園でした お目当ての建築・文化財博物館が11時からなので、まず例のホッテントットビーナスの人類博物館で、11ユーロ払って時間つぶし・・ …

朝のチュイルリ―公園(20180616)le 16 juin samedi

パソコンの日時は6月17日朝7時18分ですが ガーミン腕時計は深夜12時18分という表示に切り替わっています(時差7時間マイナス) 一昨日6月15日の朝家を出て、空港までリムジンバス1時間、 KIX空港で海外Wi-Fi受け取りやユーロ両替、ちょと買い物 この空港は成…

2018年6月8日

旅の1週間前となった 今年は4月5月と多忙で心身ともにきつかった ようやく、旅保険と海外WI-FI(フランス語発音ではウイフイ)レンタル完了・・今回は、ゆっくりしてこよう!と思うのであった・・ 買ったものは靴のみ‥願わくば元気で行ってこれますように*1 …

葡萄唐草

長年の唐草研究(愛好)家として、サイトのまとめ直し中です 葡萄唐草 文様・象徴 最もワクワクする図像はなんだろうか‥ やっぱりこんな感じだろうか?

ワクワク

Amazon CAPTCHA なんか面白いレビューを発見しましたよ 恋人に嘘をつかれた男の夜は長く、昼間を長いとおもうのは請負仕事のある者たちで、一年がまだるっこしいのは母親の頑固な監督で おさえつけられている年少の子供らです。歳もとり、気持ちも変わりまし…

ワクワク

Amazon CAPTCHA なんか面白いレビューを発見しましたよ 恋人に嘘をつかれた男の夜は長く、昼間を長いとおもうのは請負仕事のある者たちで、一年がまだるっこしいのは母親の頑固な監督で おさえつけられている年少の子供らです。歳もとり、気持ちも変わりまし…

来年の旅を思うカウントダウン

「世界のすごい建築」という児童書から、178の建築を見ながら、クリスマス(アドベント)カウントダウンまずは北ヨーロッパのすごい建築物7つワードプレスのため試しをやっていますが、3日目あたりにイタリア、フランス・・・来年は6月にフランスへ! 待降…

来年の旅を思うカウントダウン

「世界のすごい建築」という児童書から、178の建築を見ながら、クリスマス(アドベント)カウントダウンまずは北ヨーロッパのすごい建築物7つワードプレスのため試しをやっていますが、3日目あたりにイタリア、フランス・・・来年は6月にフランスへ! 待降…

「すごい建築」

今「すごい建築」をみているのだが、これは見たことがなかった ノルウェー(ヘッダール) ヘッダール・スターヴ教会 建設年代 13世紀ノルウェー最大の木造教会全体がヨーロッパの赤松でできている ヘッダール・スターヴ教会 - Wikipedia MONUMENTAL 世界のす…

中世の庭師のギルドの紋章

放送大学の科目『ヨーロッパの歴史Ⅱ―植物から見るヨーロッパの歴史―』の 第5回の講義に 中世イギリスの庭師のギルドの紋章が出てきた興味深い ヨーロッパの歴史〈1〉ヨーロッパ史の視点と方法 (放送大学教材) ヨーロッパの歴史〈2〉植物からみるヨーロッパの…

蛇に巻かれた人像(クロノス)

蛇に巻かれた人 ブログのアイキャッチ稼働の設定がしてなかったので、考えています イタリアのモデナのエステンセ・・ ちなみにモデナ大聖堂には興奮しました (2017年6月7日) flora.karakusamon.com

パドヴァ大学薬草園

「ヨーロッパの歴史Ⅱ ―植物から見るヨーロッパの歴史―」の勉強中だが 10月の体調が悪く、ちょっと遅れている 今日やっと第2章なのだが、「人間と植物世界:庭と森」の放送を見て パドヴァ大学薬草園!Orto botanico di Padova 北イタリアにはいかなかったか…

パドヴァ大学薬草園

「ヨーロッパの歴史Ⅱ ―植物から見るヨーロッパの歴史―」の勉強中だが 10月の体調が悪く、ちょっと遅れている 今日やっと第2章なのだが、「人間と植物世界:庭と森」の放送を見て パドヴァ大学薬草園!Orto botanico di Padova 北イタリアにはいかなかったか…

次に行きたい聖堂

今年の旅は 無礼千万なローマのタクシー運転手で記憶すべきでなく やっぱり ハイライトのモデナの大聖堂とエステンセ美術館・で記憶したい 来年の聖堂は シャルトルとサンドニと トゥルーズのサン・セルナン聖堂 モワサックのサン・ピエール修道院聖堂・・・…

次に行きたい聖堂

今年の旅は 無礼千万なローマのタクシー運転手で記憶すべきでなく やっぱり ハイライトのモデナの大聖堂とエステンセ美術館・で記憶したい 来年の聖堂は シャルトルとサンドニと トゥルーズのサン・セルナン聖堂 モワサックのサン・ピエール修道院聖堂・・・…