ヨーロッパ古代・中世美術

デジタル環境のよさを活かして

ユイスマンの『大伽藍』

ユイスマンの『大伽藍』(シャルトル大聖堂のこと)の中の二章(「神の植物・神の動物」)を読んでいるのだが、

出てくる名前ググってもなにも出てこない

ピエール・ド・カプー→ペトルス・カプアヌス

ワラフリド・ストラーボ『オルトゥルス』

やっとでてきたのはペトゥルス・カントールで

フランシスコ会 - Wikipedia

ちょっとねむくなりました・・

ロマネスク様式とゴシックの対比

シャルトル大聖堂の三つの扉口のうち、西正面の中央扉口の人物円柱群こそ世に存在する最も美しい彫像という話

中でも五人の王妃の立像の魅力

シャルトルは中世が残してくれた最高の芸術表現である、という。

Chartres2006 076

世界遺産シャルトル大聖堂の行き方・観光ガイド・夏のライトアップ | Jams Paris

 

神の植物・神の動物―J.K.ユイスマンス『大伽藍』より

神の植物・神の動物―J.K.ユイスマンス『大伽藍』より

  • 作者: ジョリ=カルルユイスマン,Joris‐Karl Huysmans,野村喜和夫
  • 出版社/メーカー: 八坂書房
  • 発売日: 2003/02
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る