ヨーロッパ古代・中世美術

デジタル環境のよさを活かして

電車でロマネスク聖堂

ミラノ→パヴィア→パルマ→モデナ ピアチェンツァなどエミリア街道沿いは電車でロマネスク聖堂を回れるのでおすすめ。ランゴバルドといえば、モンツァの冠も!鉄王冠 pic.twitter.com/GDwER19oWt — Momo Kanazawa (@momokanazawa) 2017年8月1日 モデナ以外も電…

アラベスクとフラクタル幾何学と

芋づる読書だったと思うが、図書で予約していた本を読んだ 「人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか 」 (ブルーバックス)(中川毅著) わたしとしては p66 18世紀の英国の造園家ウィリアム・ケントは「自然は直線を嫌う」と指…

ヤフオクは遠慮

ヤフオクに久しぶりに参加?して、 小学館の「ロマネスク」をゲットしようとしたのだが、 ロマネスク 世界美術大全集 西洋編8 作者: 長塚安司 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 1996/03/01 メディア: 大型本 この商品を含むブログを見る 終了30分前から、競…

「驚異の文化史」

「写本の文化誌」を予約したが 「驚異の文化史」を見返してオトラント大聖堂にはどうやって行けるのだろうか?とみてみました 写本の文化誌:ヨーロッパ中世の文学とメディア 作者: クラウディア・ブリンカー・フォン・デア・ハイデ,一條麻美子 出版社/メーカ…

修道院にて

『写本の文化誌 ヨーロッパ中世の文学とメディア』(クラウディア・ブリンカー・フォン・デア・ハイデ/一條麻美子 訳 白水社)を責了しました。“写本の製作と受容から見る中世世界”7月21日刊行です。(写真は色校正を束見本に巻いたところ)https://t.co/Kb…

建築・文化財博物館(@巴里)

ロマネスクの本場?は仏蘭西の田舎でしょうか?やっぱり? イタリアでは、ヴァチカン系のキンキラキンの教会はやっぱり、あまり好き、いや全然すきになれなくて、 良かったのは、 サン・クレメンテ教会 モデナ聖堂 サンコスタンツェ廟 サン・マルコ修道院・…

色々チケット@Roma

それにしてもヴァチカンときたらどれだけ欲張り(?)なんでしょうね・・ 目当ては葡萄唐草のこれでしたが、 見たことのあるギリシアの古壺も あることあること! 整理つきません・・・・??? おまけ: ついに『移動者の中世』(東大出版会)出た!日本と…

BC6世紀のケンタウロス(ヴィラ・ジュリア)

「ブルチのセントール」はこんなふうにむき出しだったので、びっくりした ヴィラ・ジュリア エトルスコミュージアムだが、お宝ありすぎて、入って早々に展示されている、これくらいどうでもいいんだろうか??・・みたいな感じがした BC6世紀のケンタウロス…

モデナ(3)蛇に巻かれた人

名残惜しかったが、モデナ大聖堂に別れを告げ、エステンセ家美術館へ お目当ては入ったすぐのところにありました アイオン(パネス)というそして獣帯(ゾデアック) こんな風に展示されていた(中央) モデナ大聖堂のヴィルジェルモ作 良いお顔の聖母もいま…

モデナ遠足(2)ライオンと唐草

ほぼ全ての門にライオンが 屋根の上にも クリュプタの入り口にも これがピープルド唐草 続く(蛇に巻かれた人物像)

モデナ遠足(1)クリュプタの柱頭

ここはボローニャ駅である トレニタリアのレジョナーレボルチェに乗ってモデナに遠足(6月7日の水曜日の午後) モデナの駅から徒歩で、スマホのグーグルマップで迷わず到着 感動 クリュプタへ降りる入り口 このあとロマネスクの柱頭を堪能した 続く(ライオ…

ようやく準備中

こちらにも出しておきます flora.karakusamon.com くまモンタオルが欲しい~(笑) ロンドンのホテルのバスルームで、熊本で買ったくまモンの洗い布が不思議な存在感を放っている pic.twitter.com/Ijtp2IdmUF — Momo Kanazawa (@momokanazawa) 2017年1月13日…

休憩終わり?

ヨーロッパ古代・中世美術はお休み中~ 「ギリシア伝統の東方伝播とローマ美術への継承」 「毘沙門天像の誕生 シルクロードの東西文化交流」 毘沙門天像の変遷(田辺勝美) あたりで、 ギリシアから日本へ、といったの方をみていた・・ ここら辺で、また戻れ…

「顔だけ」のケンタウロスですか

むかしシチリアのジェラとい町の発掘現場を訪ねた時、見せてもらったBC5世紀頃のギリシャ植民地時代のこの貨幣、裏面はケンタウロスだと説明されたのだけど、顔だけが人、というケンタウロスは珍しいらしい。実は日本のクダンじゃないのか pic.twitter.com/…

3冊のみ

ようやく3冊そろえました (古書) 全巻ぞろえる気はなくて、でもまだほしいですけどね^_^; 古代地中海とローマ 世界美術大全集 西洋編5 作者: 青柳正規 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 1997/05 メディア: 大型本 この商品を含むブログを見る とにかく 絞…

この唐草の宇宙飛行士だって

驚きました(なのでこちらにも再掲) When you've had a few too many beers and wake up in a bush... dressed as an astronaut! pic.twitter.com/i2IxC7SCyC — Medieval Problems (@Medieval_Probs) 2015, 9月 10 偽物?? (リーグル美術様式論 図108) やっ…

21世紀のある8月6日の朝

この1ヵ月半、試験勉強(21世紀に入りすごい進化をしている生物学と人類学)のため、中世美術お休みでした・・ ロマネスク美術革命 作者: 金沢百枝 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/08/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る そちらの勉強一段…

ヨーダ・・・

MY机上のヨーダ ロマネスク美術には多い、ヨーダ先生 pic.twitter.com/lhgjRgd6s6 — Momo Kanazawa (@momokanazawa) 2015, 6月 20

愛の小道具に使われた写本

ダンテ『神曲』地獄篇第5歌 愛の小道具に使われた写本・・ということだが ポオロとフランチェスカの悲恋物語 フランチェスカ・ダ・リミニFrancesca da Rimini 「図説 本と人の歴史事典」 に載っていたのは ウィリアム・ダイスの描いた夕暮れのバルコニーの「…

中世の発明品・普及品

http://blog.livedoor.jp/cucciola1007/archives/3606512.htmlキアラ・フルゴーニ女史(Chiara Frugoni 1940-)による「中世の発明品・普及品」の数々はこれ、という紹介の中に・人魚 ( Sirena-pesce ) あり

読むべき本(中世美術)

名画への旅(4) 天国へのまなざし 作者: 安発和彰,高野禎子,富田知佐子,木戸雅子,鐸木道剛,保井亜弓 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1992/10 メディア: 大型本 この商品を含むブログを見る 名画への旅(3) 天使が描いた 作者: 鶴岡真弓,安発和彰,高野禎子,鐸…

イメージ人類学?

イメージ人類学? キリストの顔: イメージ人類学序説 (筑摩選書) 作者: 水野千依 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2014/06/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る 時間の前で―美術史とイメージのアナクロニズム (叢書・ウニベルシタス) …

「人を住まわせた渦巻き」

ヨーロッパ中世美術講義 (岩波セミナーブックス) 作者: 越宏一 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2001/11/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る P49のカレンダーピクチャに対する オットー・ペヒト(ウィーンの美術史家)の指摘・・・がなるほ…

魔女と薬草、リベラルアーツ

魔女の秘密展 | 大阪文化館・天保山www.osaka-c-t.jp 大阪港の大阪文化館で『魔女の秘密展』開催中ですが、魔女と薬草というテーマもあり、興味深い。http://tabi.chunichi.co.jp/blog/majyo/2015/03/003364.html 「新しいリベラルアーツのためのブックリス…

「中世初期」は7世紀から10世紀まで

禁欲のヨーロッパ - 修道院の起源 (中公新書) 禁欲のヨーロッパ - 修道院の起源 (中公新書) 作者: 佐藤彰一 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2014/02/24 メディア: 新書 この商品を含むブログ (11件) を見る 上の新書の前に(世界美術大全集 西洋編7…

ヴェズレ―のタンパンの獣帯のセイレーン

新刊:図説 中世ヨーロッパの暮らし (ふくろうの本) 図説 中世ヨーロッパの暮らし (ふくろうの本) 作者: 河原温,堀越宏一 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2015/02/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る それはそうと、『エジプト神話の図…

ゴデスカルクの福音書【カロリング朝美術】

「ゴデスカルクの福音書」(781-783)抄本(羊皮紙) パリ国立図書館蔵(宮廷派写本) 玉座のキリスト・・東方キリスト教美術で慣用されるキリストの墓を表した「生命の泉」のミニチュアールを含む ・・ビザンティンの写本を手本としたものと考えられる周辺…

「芸術社会史」

ジョルジュ・デュビィ(Georges Duby1919-1969)の『ヨーロッパの中世 芸術と社会』でもう一度 「紀元千年のヨーロッパを想像しよう」のところ(だけ)・・・ ごくわずかな人間しかいないが、3世紀前の疫病の大流行が収まって人口が増加し始め、皆空腹 都市…

ヴァチカン美術館公認映画

映画「ヴァチカン美術館 天国への入口」オフィシャルサイト 映画「ヴァチカン美術館 天国への入口」オフィシャルサイト「劇場情報」 もうじき公開・・

精読中;髭のないキリスト

円柱フェチとしては、はい、どきどきしちゃいます~~ 5世紀の円柱 猫の日の写真を 因みにチクチク(遅遅)として進まないのです(~_~;) ようやく、「髭のないキリスト」のところです これはこれとて・・一大テーマでしょう ひげなし/ひげありのキリスト像 Sil…

トゥールーズの美術館

Le roi David et ses musiciens Le roi David et ses musiciens - Musée des Augustins Wikimediaで表示される、トゥールーズの美術館=オーギュスタン美術館蔵の円柱の数量に驚きました。 しかし、?? 変なところもあり(~_~;) 美術館のサイトでみるのがよ…

ジェローヌの典礼書

ヨーロッパ彩色写本図鑑 「ジェローヌの典礼書」 「8世紀後半、メロヴィング朝の頃にブルゴーニュのフラヴィニー修道院で作られました。 9世紀になってジェローヌ修道院で典礼に使われたことから、この名がついたそうです。」ヨーロッパ彩色写本図鑑 フラ…

ガロ・ロマン

ガロ・ロマン時代 Gallo‐Roman period 前3世紀末から後5世紀後半までのローマによるガリア支配の時期を指す。 (世界大百科事典 第2版の解説) ガロ・ロマン時代(ガロロマンじだい)とは - コトバンク ガロ・ロマン時代(ガロロマンじだい)とは - コトバンク ガ…

フランス最古のモニュメント

ポワティエの洗礼堂 「集中式平面で建てられ、外観にガロ・ロマンの伝統が感じられる。 しかし、つけ柱の装飾、デフォルメされたアカンサス(地中海地方の植物で切り込みの深い大きな葉を持つ)と三角アーチの柱頭装飾は、上から張り合わせた飾りにすぎず、…

8世紀のレリーフ

チヴィダーレ・デル・フリウーリ キリスト教美術館 ラトキスの祭壇 チヴィダーレ・デル・フリウーリ - Wikipedia ランゴバルド王国、最初の首都 Museo cristiano e tesoro del duomo di Cividale del Friuli - Wikipedia イタリアのWikipediaで下の二つのイ…

フランク王国2つの王朝(歴史の復習)

歴史の復習ですがWikipediaを参照して簡単に メロヴィング朝 ゲルマン人(西ゲルマン)であるフランクの支族のサリ族が築いたフランク王国における最初の王朝 クロヴィス1世(465- 511)が、481年全フランクを統一し、496年正統派のアタナシウス派キリスト教…

ロンゴバルド(英語のlong beard)

本日のぬきがき 中世における教会 教会は、崩壊する古代世界の中で、西欧の政治と文化を支える唯一つの骨組みとなっていて、蛮族の首領たちも自ら王位につくためには教会と手を結ばなければならなかった(「美術から見る中世ヨーロッパ」P14) テオドリックの…

ロマネスクの唐草文様

ロマネスクの唐草文様 Wikimediaのイメージ紹介方法が メディアビューア―なるものにリンクされるようになり ものすごく読み込みに時間のかかる大きなサイズを引っ張ってくるような形になっているので、直しました Google Chrome で、いつまでたっても読み込…

ベアトゥスの黙示録(2)

このブログ、技術的にどうもうまく行っていない部分があるようだ!? (指定の個所への紹介挿入!・・いや、それは、単に私との相性だったか??) ※指定したリンクの部分を示すための下線は表示された方がよいのだが・・ いまのところ、下線は、はてなキーワ…

ここまでとこれから

これまで 『美学・芸術史』を勉強してきた。 古代エジプト、古代オリエント、古代ギリシアがメイン また、「古ヨーロッパ」もアリであったが、 これからは中世へ・・ キリスト教は分からないし、ロマネスク古寺探訪という気もないのだが、 あたまをすっきり…