ヨーロッパ古代・中世美術

デジタル環境のよさを活かして

電車でロマネスク聖堂

モデナ以外も電車で回れるの?エミリア街道沿い

エミリア街道 - Wikipedia

アラベスクとフラクタル幾何学と

芋づる読書だったと思うが、図書で予約していた本を読んだ

人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか 

(ブルーバックス)(中川毅著)

 

わたしとしては 

p66 

18世紀の英国の造園家ウィリアム・ケントは「自然は直線を嫌う」と指摘して、大陸ヨーロッパで主流だった幾何学的な庭園の様式を拒絶した。

確かに自然の風景の中には単純な直線はめったに存在しない。単純な円や、単純な三角形を見ることもほとんどない。

その一方で、直線や三角形、円といった単純な図形や、それらを記述する単純な数式は、中学校で真っ先に教わる数学の基本中の基本である。

 

現実の風景と数学的な図形の間には、それだけ深刻な乖離があった。

マンデルブロは、数学と現実の間にあるこのようなギャップに正面から立ち向かった。

彼が開始した「フラクタル幾何学」と呼ばれる数学は、それまでの数学とは比べ物にならないリアリティーで自然界を描写することができた。

その図形を記述する数式の中に、自然界を支配する法則が確かに潜んでいると直感させる。

 ・・といった話もあり、結構面白かった

 それに美しいのだ

 

www.albatro.jp

フラクタルとは、「似たような構造の集合体」

美とは何か・・ということに関して

「形の美とは何か」を読む というあたりで軽く見たが
「フラクタル(自己相似系・複雑系)」

 

三井秀樹 (美学者) - Wikipedia もう一度読み直しですね

かたちの日本美 和のデザイン学 (NHKブックス)

美の構成学―バウハウスからフラクタルまで (中公新書)

フラクタル造形 (SD選書)

形とデザインを考える60章―縄文の発想からCG技術まで (平凡社新書)

フラクタル科学入門―世界を見る目が変わる新しい発想

 

Julia set (highres 01)

ヤフオクは遠慮

ヤフオクに久しぶりに参加?して、

小学館の「ロマネスク」をゲットしようとしたのだが、

 

ロマネスク   世界美術大全集 西洋編8

ロマネスク 世界美術大全集 西洋編8

 

 

終了30分前から、競ろうとする方が出て・・

退散しました‥、って本当は、疲れて、もう寝てしまっていた時刻だった・・ 

この全集、まとめて買おうという気にはならなくて・・

また、図書でよい・・

「イメージの博物誌」は揃えましたけどね・・

そう、読みましたというより、揃えました、になりがち・・

(もちろん一読くらいはしていますが)

 

時間 -過ぎる時と円環する時-     イメージの博物誌 12

時間 -過ぎる時と円環する時- イメージの博物誌 12

 

 

 

錬金術: 精神変容の秘術 (新版イメージの博物誌)

錬金術: 精神変容の秘術 (新版イメージの博物誌)

 

 

「驚異の文化史」

「写本の文化誌」を予約したが

「驚異の文化史」を見返して
オトラント大聖堂にはどうやって行けるのだろうか?とみてみました

 

写本の文化誌:ヨーロッパ中世の文学とメディア

写本の文化誌:ヨーロッパ中世の文学とメディア

 
〈驚異〉の文化史―中東とヨーロッパを中心に―

〈驚異〉の文化史―中東とヨーロッパを中心に―

 

 

オトラント - Wikipedia

オトラント大聖堂 / オトラント旅行|エクスペディア

最寄りの主要空港: ブリンディジ, イタリア共和国 (BDS-パオラ カサーレ空港)

ローマから飛行機で

ブリンディジからレッチェまで1時間

レッチェにはサンタ・クローチェ大聖堂 Basilica di Santa Croce

レッチェからオトラントまで1時間

ameblo.jp

オトラント大聖堂はオトラント駅から徒歩7分 

長靴のかかと

修道院にて

まだ、だいぶ?(笑)先ですが、ちょっと楽しみです

以下は6月11日の写真

f:id:nekoatama:20170705090906j:plain

 金箔、ラピスラズリ、バーミリオンなどは14世紀で望みうる最高の素材・・

f:id:nekoatama:20170705090945j:plain

f:id:nekoatama:20170705091004j:plain

羊皮紙や道具
教育的な展示です

f:id:nekoatama:20170705091028j:plain

なんと大きな 重厚な上にも重厚で頑丈そうな「本」

f:id:nekoatama:20170619113015j:plain

中世音階の楽譜ですね

f:id:nekoatama:20170705091118j:plain

比較のため、ちょっと持っていたフリクションペンを置いてみた処(笑)

f:id:nekoatama:20170705091138j:plain

f:id:nekoatama:20170705091200j:plain

f:id:nekoatama:20170705091223j:plain

f:id:nekoatama:20170705091246j:plain

窓が全然ない僧坊(小部屋)もありました

こういうところに篭って写本(楽譜)を作っていたのでしたか・・

それにしても、ここは優雅ですが、

仏蘭西のシトー会の修道士は、人跡未踏地を開拓し、付近の岩山から石材を切り出して運び、それを根気よく積み上げて自分たちで修道院を建てたという

この過酷な労働と飢餓だけでなく、

個室でなく大寝室で枕を並べて着の身着のままで、

晩の8時に寝て夜中の2時前に起きるという生活・・

「夜もすがらに蟋蟀のように、マリアを讃える歌を唱和していた」ので蟋蟀とあだ名されたとか

シトー会士で28歳を越えて生きるものは稀だったという

(by木俣元一「フランス ロマネスクを巡る旅」2004 新潮社)

f:id:nekoatama:20170705091505j:plain

f:id:nekoatama:20170619113202j:plain

f:id:nekoatama:20170619113554j:plain

はい、ここというのはフィレンツェのこの「受胎告知」の天使とマリア様に会えるところ 

f:id:nekoatama:20170705091605j:plain

f:id:nekoatama:20170705091637j:plain

f:id:nekoatama:20170619112918j:plain

この階段のあたりで、おぉ~~~っと万国共通で嘆息する場所@サン・マルコ修道院 フィレンツェ

 ドメニコ派 正式名称は「説教者修道会」(Ordo fratrum Praedicatorum)

フラ・アンジェリコはドメニコ会士

ヨーロッパの中世美術―大聖堂から写本まで (中公新書)

ヨーロッパの中世美術―大聖堂から写本まで (中公新書)

 

  

建築・文化財博物館(@巴里)

ロマネスクの本場?は仏蘭西の田舎でしょうか?やっぱり?

イタリアでは、ヴァチカン系のキンキラキンの教会はやっぱり、
あまり好き、いや全然すきになれなくて、

良かったのは、

サン・クレメンテ教会

モデナ聖堂

サンコスタンツェ廟

サン・マルコ修道院・・

あと、ラヴェンナの教会も入れておきますが・・(傷んでいた?)・・

 

とんぼの本フランス ロマネスクを巡る旅

とんぼの本フランス ロマネスクを巡る旅

 

次に行きたい、『 フランス ロマネスクを巡る旅』だが、この本の、

「中世美術をみるヒント」(聖なる怪物たち)「ロマネスク美術談義」by木俣元一は必読ですね
中村好文さんのスケッチと手紙も楽しい

フランスの彫刻美

11~12世紀初期ロマネスクの空間美という話・・昔から変わらぬ光と影のドラ‥

オータンの中世彫刻の甘美な囁きの話・・

オータンともに外せないヴェズレー・・^^;

ヴェズレーへは車でないと、難しそうだが…‥

オータンのサン・ラザール大聖堂には…‥

巴里・リヨン駅からtgvで約1時間20分ル・クレゾー=モンソーtgv駅下車
tgv毎にオータン行き直行バスが出ている(所要45分)

オータン市役所広場から聖堂まで約5分・・という紹介で、行けそう♪

そういえば、ヴェズレーのタンパンといえば、パリで見られたよね?

建築・文化財博物館!!!(多くの教会の短パンと彫刻の複製がある)

まずはここに行きたいと思っている・・

jp.france.fr

MMM|建築・文化財博物館 過去と未来を見つめるモニュメントの殿堂

あと、トゥルーズ

巴里・モンパルナス駅からtgvで5時間トゥールーズ・マタビオ駅で下車(サン・セルナン聖堂、オーギュスタン美術館)

モワサックはトゥールーズからはボルドー方面行き在来線で50分、駅からサン・ピエール修道院聖堂まで徒歩10分♪・・ここも行けそう!!

 

あと、ル・トロネ修道院には行きたいと思っているが難しそうだ
(巴里・リヨン駅からtgvで約4時間半レザルク・ドラギニヤン駅下車、ここから25キロメートル)

 

 

おまけ;行けそうにないので行った方の旅行記を以下に

4travel.jp

色々チケット@Roma

f:id:nekoatama:20170625210624j:plain

それにしてもヴァチカンときたらどれだけ欲張り(?)なんでしょうね・・

f:id:nekoatama:20170625211009j:plain

目当ては葡萄唐草のこれでしたが、

見たことのあるギリシアの古壺も

f:id:nekoatama:20170621182428j:plain

あることあること!

整理つきません・・・・???

f:id:nekoatama:20170621182327j:plain

 

おまけ:

 

移動者の中世: 史料の機能、日本とヨーロッパ

移動者の中世: 史料の機能、日本とヨーロッパ